だいたいわかりましたよ。

1月26日、晴れ。

今日は、地域包括支援センターの方と
ケアマネージャーさんが来て
本格的に通所する施設の手続きが
やっとの思いで行われました。

退院してから1ヶ月ちょっと。

この1ヶ月、どこにも出かけていません。
ストレスが溜まりまくっています。
でも、元々そんなに欲の無い性格なので、開放されたとしても
今までの様に母親とランチに行きたいとか
スーパー銭湯でゆっくりしたいとか、せいぜいそんなもんです。

そんな、ちょっとした事が全く出来なくなっている、今です。

毎日、ただただ勉強。
薬飲んで、なんの楽しみも無く。
なので、施設に行ってもらえたら時間が出来るので
時間が出来たら、また母親とランチにでも行きたいです。

そうですね・・・ちょっとオシャレして、ミスドとか。

オシャレすらしてません。
第一、出かけられないんですから。
認知症(高次脳機能障害)が居る限り
目を離せられないですからね。

何をするか分からないから、一日中付き添う形です。

これで少しは開放されるのか・・・と思いきや
なんと、週一回の予定だと言うじゃありませんか。
週一回、9時から16時まで居ないだけ。
せっかく、「要介護2」を認定されたのに。

母親には「ちゃんと言わないと損するよ」と言って置いたので
今日「週一回」と聞いて、2人で詰め寄りました。
「回数増やしたり、他の施設も平行して利用できないんですか?」と。
どうやら利用できるそうです。

そして、希望している施設も週二回通えるようにしてくれるとの事。
それをベースに、他のリハビリ施設の午後の部に
行ってもらう様に手配してもらう事になる?と思います。
要介護2なんですから、利用できるギリギリのラインまで利用しなければ。

こっちの身が持ちません。

昨日ネットで、「認知症 憂鬱」と検索したら
「火曜日の憂鬱」と言うタイトルのブログを見つけました。
同じ境遇の人が居ると思ってクリックして見てみると・・・

「火曜日以外は施設に通わせているので
火曜日は、(認知症の)母親と一日中ベッタリで憂鬱」
との内容で・・・正直イラッとしました、なんて贅沢な。
認知症とベッタリが週一回だけなんて、うらやましい限りですよ。

しかも母親ですよ、母親。

かと思えば、仕事をしながら認知症(要介護1)の
母親の面倒を見ていると言う、男性のブログを発見。
内容は、サラッと書いていて、なるべく明るくしようとしてる感じが
良く分かる書き方をしていましたが、実際かなり大変だと思います。

こんなにも、人によって差が開くもんなんですよね。

でも、自分ももしかしたら、少しずつ家に居ることが減ってきたら
最初に挙げた人の様に、週に一回丸一日居るだけで
「憂鬱」なんて言う様になっちゃうのかな?とも思います。
だんだん「居ない」事に慣れてくると、そうなるかも知れないですよね。

でも、週一日だけベッタリなんて、今はうらやましいですよ。

第一、正直言わせてもらうと。
33歳でまさか、認知症の親の面倒を見る羽目になるとは
思っても居なかったし、周りを見れば33歳くらいなら
仕事ももちろんだけど、遊びも堪能してる人がいっぱい居るじゃないですか?

姉の年齢(42)で見れば、40代で親の面倒というなら分かるんですけど
33歳で親の面倒は、ちょっと早すぎると思います。
もうちょっと(仕事の面も含めて)遊ばせて欲しかったな、と。

保育の教科書の中にも書いてありました。
成人前期は、仕事や結婚などを決める歳。
成人後期は、親の介護などに直面する歳。
33歳は、まだまだ「成人前期」の部類な訳です。

人生の節目、節目で、いちいち邪魔をして来る父親。
今回、保育の勉強を始めた時、もしかしてまた邪魔されるのでは?
と、実は思っていましたが、やっぱり邪魔されました。
次なる邪魔は、保育士試験の時と転職の時。

それが最後の邪魔(死)であれば、逆にありがたいですが。

1月22日、くもり。

気分も、くもり。
いつになったら、少しは晴れる時が来るんでしょうか。
朝・昼・晩、薬を飲んでも憂鬱です。
父親がデイサービスに行ったら、少しは楽になるんでしょうか?

昨日もドタバタでした。
とりあえず、今朝一件落着しましたが
昨日の夜、この先の事を考えて先回りする為に
地域包括支援センターの方に電話をして相談しました。

その時の為の用紙を、一枚作っておきました。

そして、今一番心配と言うか、付き添っている母親の事が
心配になるのですが、毎日パチンコへ出かける事。
今日は偶然出かけていないですが、毎日パチンコの付き添い
多分疲れていることだと思います。

本人に関しては何も心配は無く
むしろ、勝手に外に出て行って居なくなったらラッキーだし
どっかで事故に遭って、轢かれて死んだなら御の字だと思ってます。
が、一般的には、介護するものだと言う事もあるので・・・。

でも毎日、「どこかに居なくなってくれないか」と思って介護してます。

こんな感じなので、全く保育の勉強が手につきません。
やめてしまおうか、とも思うときもあります。
今朝も起きて、「もう続けられない」と思いました。
でも、どうにかさっき、レッスン1を読んで勉強しました。

保育士不足が理由で、2016年(来年)から保育士試験が
年に2回になると言う事なので、諦めるのも勿体無いのかな
というのも正直な気持ちです。

年に2回であれば、もし勉強が足りなくても受けてみる事が出来るし
なんとなく分かっている状態でテストを受けて、もしかしたら
受かる可能性もあるだろうし。
もう、何がなんだか、どうすれば良いのか、本当に八方塞りです。

明日の事なんて考えられません。
考えたらキリがなく、不安が襲ってくるだけで、何も解決しません。
ただ、父親がどうかなるまで、一日一日をこなしていくしか
今のところ方法はありません。

この際、自分の立場なんてどうでも良いです。
人に指を指されるような状態になっても良いです。
とりあえず、やらなくてはいけない事が優先で
今は、それが自分の仕事なのかな?と思います。

この状況は、自分がなってみないと分からない事だと思います。

1月10日、晴れ。

昨日も書きましたが、こういった状況なので
ブログの方向性を変えて、もし家族に
同じ症状(高次脳機能障害・認知症)の方が居て
同じように困っていたり、またこちらが教えていただいたり
出来る方が居たら、交流できれば良いな、と思いました。

コメントして下さい。

単なる「傷の舐めあい」になるかも知れませんが
それでも一時的にでも共有出来たら
気持ちのモヤモヤも解消出来たりするのかな?
とも思いましたので。

今まで通り、「保育士資格取得への道」的な
内容の日記ももちろん書きます。
今出来る事を、1日1日やって行こうと思います。
勉強も手に付かない時もありますが、どうにか・・・。



因みに、本日の様子は。

この症状の特徴なのか分かりませんが
黙って居る事が出来ないようで、昨日の6時間のパチンコで
付き添いの母親も疲れているだろうにも関わらず
近所の市民プールへ行き、歩ける場所でウォーキングをして来たようです。

自分はと言うと、買い物へ行けない母親の代わりに
食材を買いに行った後、洗剤類やティッシュ類もない事に気付き
もう一度、買い出しに出ました。
14時頃やっとお昼を食べて、今まで勉強をしてました。

こんなんで、ほぼ1日が終わったようなものです。
なかなか商品も作れないので、お店も中途半端。
「OPEN」にはしてありますが、お客さんは来ません。
こう言う時って、なんとなくそう言う雰囲気が出るんでしょうね、きっと。

今日もモヤモヤした気持ちで、1日が終わって行きます。

1月9日、晴れ時々雪。

前回からかなり空いてしまいました。
先月末、「保育実習」のテスト帰ってきました。
80点でした、でも・・・
喜んでも居られなくなってしまいました。

父親が元々「軽い認知症」と言う診断を受けて居たんですが
11月の末にウォーキング中に転んで頭を打って入院。
12月22日に、本人の無理矢理な意向で
不完全なまま退院して来たら、進んでました。

正しくは、「高次脳機能障害」だそうです。

恥ずかしながら親に頼りながら、出来る事はやって来たんですが
自営業がなかなか上手く行かず、それが理由と言うわけでは無いですが
保育士の資格を取ろうと、こうやってやっている訳です。

父親もいづれは、認知症で仕事も出来なくなるだろうし
スネをかじらせてもらえるうちに、保育士の資格を
1〜2年で取って、父親の定年退職(父親も自営なので定年はないですが)までに
保育に転職、もしくは、自営業と両立、も考えてました。

それが、今回の件で予定が狂ってしまいました。

「親の面倒なんて見ない」と言い張る人は
本当に見ないのかも知れないですが
実際、そう言う訳にも行かないのが認知症で
病気なら病院に入ってられますが、認知症は自宅介護。

誰かが付いていないといけない訳で
今はまだ軽い方とは言っても、母親が食事や日中の見張りなので
自分は、食材やオムツの買出し、掃除などをやってます。
今はまだ、この程度で済んでますが・・・。

傍から見れば「そんなに見張るまでしなくても」と
思うかも知れないですが、実際こうなると良く分かりますよ。
何をするか分からない、本人も何をしたいのか分からないで動いてますから。
一緒に過ごしているだけで、もうそれだけで疲労するんですよ。

自分自身も、覚悟はしていたんですが、いざこうなると
まさかの自律神経の乱れで、泣きたくなったり、落ち込んだり。
とうとう心療内科にお世話になることになりました。
今は、薬を毎日飲んでるので、落ち着いて対処出来ていますが。

そして、このタイミングで父親の会社も「そろそろ畳む」と言う話。
父親の収入に頼っていたので、もちろん仕事を見つけないといけないのですが
そもそも保育士の免許が無いと、保育の仕事も出来ず
免許が無くてもパートで入れるところもありますが
父親の面倒を、母親一人に任せるのも不安なので
フルでパートは入れることは出来ないかと思われます。

そして、保育の勉強。

他にも、父親の車問題。
今、多いらしいですが、車だけは絶対手放さない!と言う
老年の方が多いそうですが、認知症で運転は絶対ありえません。
・・・でも、やっぱりうちも同じく「運転はやめない」と言って聞きません。

地域包括支援センターの方に相談しながら
色々先手を打つしか方法は無いみたいなので
何かあれば、その都度先回りをして
しらみつぶししていくしか、方法は無いそうです。

まだそんなに症状が重くない状態でこの感じですから
更に悪化したらどうなるか・・・「あまり先を考えないように」と
心療内科のお医者様が薬をくれますが、ふと、考えてしまいます。
完全に悪化しきってしまえば、逆に入所施設に預かっていただく
と言う風になるんだと思いますが、それまでの間、何年くらいあるんでしょうか。

考え方が甘いかも知れませんが、30代前半で
親の介護が始まるとは、それも認知症の。
全く3年前くらいまでは、正直思ってもいなかったです。
最近は、「何の為に自分が居るのか」と、ふと思うこともあります。

そして、「遠くの親戚(身内)より、近くの他人」。

この言葉がとてもしっくり来る状況になっています。
幾ら身内でも、離れていると頭でっかちな情報を入れられて
かえって混乱してしまいます・・・支援センターの方の方が親身です。
実際そんなものです。

叔父には「長男なんだから、後はそっちでやれ」と言われ
伯父には「たまには息抜きに、保育の勉強したらいいよ」と言われ
姉には「父親の手伝いはするけど、アンタの事はしらない」と言われ
・・・まぁ、それぞれ好きに言って下さい状態です。

とりあえず、1日1日こなしていくしか、今はそれしかないですね。

12月1日、大荒れ。

前回、何か気が弱ってたんでしょうか?
読み返したら、全て事実ではあるんですけど。
ココ最近、安物でも良いからと
色んなファッションアイテムを買ったりしました。

GUのダッフルコート、GUのデザートブーツ
雑貨屋でB品で500円で並んでた、ロングパーカー2着
ファンシーな雑貨屋で、伊達メガネ&ボンボン付きニットキャップ(赤)
しまむらでボンボン付きニットキャップ2つ(黄色、青)
100円ショップのアームウォーマー3つ・・・

こんなに買っても、1万ちょっとなんて、ビックリ。

もちろん買うだけじゃなく、いらない洋服や
雑貨類をリサイクルショップに持ち込んで
本当にいらないものは、ゴミ箱へポーイ!
いわゆる数年に一度の、アイテム入れ替えですね。

スッキリ!しかも、マンネリコーデから脱出です。

年甲斐も無く、しかもボーズ頭なのですが
千葉雄大くんのコーデが最近気になって。
美容室で見た「choki choki」の影響と
「今日は会社休みます」の影響ですね。

すいません、分かりやすくて。

昔は、彼くらい可愛らしかったので(自分で言います)
どうしてもその頃の感覚が残っていて
ファッションに影響が出るんですよ。
カッコイイファッションは、苦手です。

33歳、ぶりっ子してるみたいです。

そんなこんなで、新作もどんどん出来上がって
今、blogとtwitterにもアップしましたが、最高の出来です。
そして、先月の「社会的養護」のテスト帰ってきました。

・・・75点!!ジャジャーン!!

だんだんと点数良くなって行ってます。
どうにか一発合格出来ますように!!
そして、保育士免許と、洋裁技術を手に
いざ都会へ!!

と言う風に上手く行くと良いですが。

11月29日、くもり。

いい肉の日。
前回更新から1ヶ月も経ってました。
商品作って店もやって、勉強もやって・・・。
とてもパートを入れる暇ありません。

このタイミングで、身内が入院。
家に居ない今は、むしろ幸せ状態ですが
これで帰ってきたら・・・悪夢です、地獄です。
頭おかしくて、動けない人、家に帰って来るなんて、どうしましょ。

そのまま転院してくれれば良いのですが
どうやら空き待ちという情報が。
結局、何かと人生の転機の時に
邪魔をされる運命のようです。

正直、精神的にグッタリ気味ですが
まぁ、どうにかどうにか、商品も作れてますし
とりあえず「生きてるんだろうな」と言う事くらいは
分かる感じでしょうか。

せめて、来年8月の試験までは何事も無く
いつも通り淡々とした日々、勉強を出来ると思ってましたが
いつ、何が起きるか分からないもんです。
入院してる人に、疲労してる人に、疲労してます。

無意識に、連鎖反応ってヤツです。

10月29日、晴れ。

2回目の添削、帰ってきました。
2回目に選らんだ教科は「教育原理」でしたが
小難しく教育に関しての内容で
尚且つ、大っ嫌いな歴史的要素。

今回は・・・20点取れてれば良い方だ。

もうあきらめました。
悪い点数でも、仕方ないな。
そして、とうとう届いてウンザリなテンションで
封筒を開ける瞬間・・・うっすら透けて見えちゃったんですよね。

あーぁ、見えちゃった。
「もうちょっと厚い封筒にして欲しいよねー」
なんて言いながら、もう一度透けて見える
その点数を見ると。

60・・・?ん??

「えー、うっそーん」
見えてるのに半信半疑ですよ。
はっきり見えてない、うっすらだから
「30点だったりして〜」なんて言われながら。

いや、30点でも仕方ないと思ってたので
それでも、ガッカリはしないように
しないように、しないように、に、に、に・・・
はっ!!

60点だったーーー!!

本試験では、ギリギリのラインの6割(60点)ですが
あんなに自信の無かった「教育原理」が、60点。
体中汗かきました・・・と同時に、前回自信のあった
「保育原理」が55点だったので。

自信云々の問題ではないな、と(当たり前)。

今は、3教科目に選んだ「社会的養護」の勉強中。
昔の「養護原理」に当たる教科らしいです。
今回は3回目と言う事もあって
なんとなく勉強の仕方が落ち着いてる気がします。

焦らず進めましょう(と、いつも赤ペンで書かれてます)。

10月26日、晴れ。

暑い、なぜか暑い、こんな季節に。
なので、窓を開け・・・たら
近所の中学校のグラウンドから
ヒステリックな教師の声が。

去年くらいからですかね?気になり始めて。

甲高い声だから余計に響くんですよ。
そして、体育嫌いだったので=教師も嫌い
と言う方程式が出来上がっているのも
影響しているのかも知れませんが。

それにしても、ちょっとヒステリックに聞こえる。

声からして、自分よりちょっと下の
20代後半くらい?と言ったところでしょうか。
昨日、サッカー部だという事が判明したのですが。
数日前、こんな声が聞こえてきて・・・。

「おーい!ちゃんとやれよー、そこー!ほらー!」
的な声が聞こえた後、少しシーンとして
「大丈夫かー?無理しなくて良いんだぞー」
って聞こえてきたんです。

心配するなら、無理させるな。

ホンッと「無駄」の一言ですよね。
先日、ウチの上をヘリコプターが低空飛行していて
「墜落だ!」って思ったら、この中学校に着陸。
絶対何かあったに違いありません(と言う妄想ですが)。

高校時代の体育の授業で、マット運動の採点時
教師が「ちゃんとやらないと1つけるぞー!」と脅してきて
本当に体育が出来ない自分は、無理をしてやったが為に
背中を強打して息が出来なくなった事がありました。

体育教師は、出来ない=サボってると思う傾向があるようです。
その時の、体育教師の対応もまさにこうでしたね。
「おい大丈夫か?どこ痛い?足感覚あるか?」
いやいや、こちらから言わせてもらえば

お前の頭の中の構造が大丈夫か?

ってなもんですよ。
他の教科は、出来なくてもせいぜい恥をかくだけですが
体育の場合、出来ない子は本当に出来ないですし
それを無理矢理やらせて怪我なんて事になったら・・・

あ、そっか!問題になりたいんですね?体育教師は。

それなら良いんですが。
いえいえ、それなら特に問題はございませんよ。
どうぞお好きに、授業をお進め下さいね。
責任は、自分だけの問題じゃない事はしっかり頭に入れて。

「学校」を背負ってる訳ですから。

10月25日、くもり。

おとといから、3冊目のテキストに入りました。
今回選んだのは、「社会的養護」。
本当は「保育実践」を選ぶ予定だったんですが
難しそうなのから順番にやって行こうかと。

美味しいものは、最後に残すタイプなので。

ま、どれもやった事のない勉強ばっかりなので
難しいとは思うんですが、保育実践の中に
音楽的なものがあるので、そこがいわゆる
「美味しいもの」と言う事になりますでしょうか。

過去にピアノを習っていて
最近また、趣味と今後の実習課題の為に弾き始めたので
全く無知な法律的なものよりかは
頭に入りやすいかなぁ・・・?と。

なので、今は先にちんぷんかんぷんな
法律的なものを、頭に突っ込んで行っています。

でも、ニュース見ました?厚生労働省の。
少なくとも、「男女均等」に関わっているところが
男女差別をしていたのが本当なら、それはどうかと思いますね。
でも、まぁ、無意識の行動でしょうね、世代的に。

最初に勤めた会社も、そんなもんでした(ので、2週間で辞めました)。

自分としては、女性進出が必ずしも正しいとも思わず
かといって、男性優位なのもどうかとも思います。
これは、この先他の問題と関わって
人類が無くなるまで、ずーっと議論されるところでしょうね。

ただ、このタイミングで「厚生労働省」が
そう言う事でニュースに取り上げられて
今、「保育」の勉強をしてる身としては
・・・敏感に反応(でも、これも今だけ)。
そのうち、全て忘れるから良いんです(死ぬ時は皆一人)。

中つ国では、どんな職業に就いているかな〜?

このブログをやってる人が誰なのか
知ってる人はどれだけ居るか分かりませんが
今シーズンの新作、シンプルだけど素敵なので
是非是非見に来てくださいね〜!

この世では、この仕事をしていますよ。

10月10日、晴れ。

とってもお久しぶりです。
掃除、洗濯、勉強、仕事探し、商品製作。
特に勉強に必死になり過ぎて
すっかり更新出来ずに居ました。

今、テキスト2「教育原理」を勉強中なのですが
「教育」と聞くと、勉強と学校が大っ嫌いな自分としては
きっと小難しい事が、ダラダラダラ・・・と
書かれているのだと構えていたのですが。

前半〜中盤は、「保育原理」でも出てきた
歴史上の人物+別の人物も出てきて
「やっぱり」と思っていたのですが
なんだかここ数日の後半が、ページ数も少なく・・・。

「1日、1LESSONずつ」と決めてやっていても
その1LESSONのページ数が少なくて
1日に3〜4回も同じところを勉強している
そんな感じで進めていました。

なので、あまりに時間が空きすぎる時には
商品作りも差込みながら勉強を進めています。
まぁ、本来は仕事の合間にやるものですからね。
自分の場合、不安なので何回もやって
時間がかかるという感じになっています。

そんな「教育原理」も、あと残り5LESSON。
簡単に言うと、あと5日でまた一冊終わります。
でも、今回は添削テスト前に、不安なところは
もう一度やってから添削テストに挑みます。

前回は、時間があるにも関わらず
焦って提出したが為に、問題の読みミスが多くて
思ったような点数が取れず、答え合わせをしてみると
間違った問題の90%が読みミス的凡ミス。

これが無かったら、余裕で60%は超えてましたよ・・・。

と言う訳で、今回はとっても慎重になっている訳です。
因みに、「教育原理」意外と面白いです。
教育されるのはまっぴらですが、教育の裏が見えるようで
とっても面白いです。

結局、どんな職業でも「裏」を見るのが好きと言うことですね。
粗探しが好き、と言うところでしょうか。
保育の勉強のお陰で、幼稚園時代の担任の態度が
今考えると、とんでもないものだった、と言う事もよく分かりました。

だから、こんな風に育ったんでしょうね。

改めて、当時のあの担任に、嫌味を含めて「ありがとう」と
「あなたが幼稚園教員の時、バブル時代で良かったね」と
この場をお借りしてお伝えしたいと思います。
(今だと、保護者からの非難がすごかったと思いますよ)

ブース!!

このページのトップヘ