1月9日、晴れ時々雪。

前回からかなり空いてしまいました。
先月末、「保育実習」のテスト帰ってきました。
80点でした、でも・・・
喜んでも居られなくなってしまいました。

父親が元々「軽い認知症」と言う診断を受けて居たんですが
11月の末にウォーキング中に転んで頭を打って入院。
12月22日に、本人の無理矢理な意向で
不完全なまま退院して来たら、進んでました。

正しくは、「高次脳機能障害」だそうです。

恥ずかしながら親に頼りながら、出来る事はやって来たんですが
自営業がなかなか上手く行かず、それが理由と言うわけでは無いですが
保育士の資格を取ろうと、こうやってやっている訳です。

父親もいづれは、認知症で仕事も出来なくなるだろうし
スネをかじらせてもらえるうちに、保育士の資格を
1〜2年で取って、父親の定年退職(父親も自営なので定年はないですが)までに
保育に転職、もしくは、自営業と両立、も考えてました。

それが、今回の件で予定が狂ってしまいました。

「親の面倒なんて見ない」と言い張る人は
本当に見ないのかも知れないですが
実際、そう言う訳にも行かないのが認知症で
病気なら病院に入ってられますが、認知症は自宅介護。

誰かが付いていないといけない訳で
今はまだ軽い方とは言っても、母親が食事や日中の見張りなので
自分は、食材やオムツの買出し、掃除などをやってます。
今はまだ、この程度で済んでますが・・・。

傍から見れば「そんなに見張るまでしなくても」と
思うかも知れないですが、実際こうなると良く分かりますよ。
何をするか分からない、本人も何をしたいのか分からないで動いてますから。
一緒に過ごしているだけで、もうそれだけで疲労するんですよ。

自分自身も、覚悟はしていたんですが、いざこうなると
まさかの自律神経の乱れで、泣きたくなったり、落ち込んだり。
とうとう心療内科にお世話になることになりました。
今は、薬を毎日飲んでるので、落ち着いて対処出来ていますが。

そして、このタイミングで父親の会社も「そろそろ畳む」と言う話。
父親の収入に頼っていたので、もちろん仕事を見つけないといけないのですが
そもそも保育士の免許が無いと、保育の仕事も出来ず
免許が無くてもパートで入れるところもありますが
父親の面倒を、母親一人に任せるのも不安なので
フルでパートは入れることは出来ないかと思われます。

そして、保育の勉強。

他にも、父親の車問題。
今、多いらしいですが、車だけは絶対手放さない!と言う
老年の方が多いそうですが、認知症で運転は絶対ありえません。
・・・でも、やっぱりうちも同じく「運転はやめない」と言って聞きません。

地域包括支援センターの方に相談しながら
色々先手を打つしか方法は無いみたいなので
何かあれば、その都度先回りをして
しらみつぶししていくしか、方法は無いそうです。

まだそんなに症状が重くない状態でこの感じですから
更に悪化したらどうなるか・・・「あまり先を考えないように」と
心療内科のお医者様が薬をくれますが、ふと、考えてしまいます。
完全に悪化しきってしまえば、逆に入所施設に預かっていただく
と言う風になるんだと思いますが、それまでの間、何年くらいあるんでしょうか。

考え方が甘いかも知れませんが、30代前半で
親の介護が始まるとは、それも認知症の。
全く3年前くらいまでは、正直思ってもいなかったです。
最近は、「何の為に自分が居るのか」と、ふと思うこともあります。

そして、「遠くの親戚(身内)より、近くの他人」。

この言葉がとてもしっくり来る状況になっています。
幾ら身内でも、離れていると頭でっかちな情報を入れられて
かえって混乱してしまいます・・・支援センターの方の方が親身です。
実際そんなものです。

叔父には「長男なんだから、後はそっちでやれ」と言われ
伯父には「たまには息抜きに、保育の勉強したらいいよ」と言われ
姉には「父親の手伝いはするけど、アンタの事はしらない」と言われ
・・・まぁ、それぞれ好きに言って下さい状態です。

とりあえず、1日1日こなしていくしか、今はそれしかないですね。