2月16日、くもりのち晴れ。

昨日、「子どもの保健」の添削を提出してきました。
残りのテキストは3冊・・・ここまで来たからには
最後までやりたいんですが、正直なところ
半分どうでも良くなって来ています。

点数が良いので勿体無い、の感じでどうにか続いてます。

でも正直、試験1回受けたらもう良いんじゃないかとか
免許取っても使わないんじゃないかとか
そんな事考えてます・・・続いてる理由は
免許が欲しいからじゃなくなって来ているような。

「点数が良いので勿体無い」と言うのと
「この保育士講座を59000円も出して買った」と言うのと
「実技試験の為に81000円のピアノを買った」と言うので
続けているような気がします。

正直、ピアノは弾けるんで趣味として
この先ずっと家にあっても良いし
そもそも、保育士講座を受けなくても
ピアノを買おうかなぁ・・・と思って居たので。

やっぱり、59000円と言う金額がちょっと大きいですかね。

でもその反面、59000円くらい
捨てても良いかという気持ちもある為か
先に言ったように「一回受けたらもう良いんじゃないか」とか
「免許取っても使わないんじゃないか」と言う考えが浮かんできます。

やっぱ苦労はしても、服屋さんをやりたいのが本心です。

色々重なり過ぎてるんですよ。
父親の認知症の件、そろそろ親のスネも無くなると言う件
本職がなかなか上手く行かない件、上京したい件
その矛先が、「保育士の免許取得」になっちゃった気がします。

とって置いて損は無いと思いますけど
なんせ、やる気が無いと言うか、ストレスになってると言うか。
でも点数は合格点取れてるんです。
才能あるのか?なんて思っちゃいますよね。

中途半端ですよ。

今日は午後から居ない日だったので
近くのパン屋さんでパンケーキを食べてきました。
美味しかったんですけど、物足りない感じでしたね。

前は、取材の関係で言えませんでしたけど
そんなに言うほど、美味しいとは思わないんです、あのパン屋。
と言うか、地元のお店がそう言うレベルのお店ばっかりですよ。
田舎だから仕方ないのかも知れないですけど。

今日だって、パンケーキ食べながら、美味しいには美味しいけど
このお店は音楽のセンスとお店のセンスが悪い
なんて思っちゃったり・・・こんなこと、新聞社の人の前では言えませんよ。
だって、オーナーとお友達だって言うじゃないですか。

そう言う、せま〜〜〜い感じが「ザ・田舎」ですよね、やだやだ。

もっと沢山色んな人が居て、色んな解釈があって
他人なんてどーでも良い、都会に行きたい。
田舎のしきたりには、やっぱり馴染めないなぁ・・・。
一度地元から出てしまうと、他を見てしまうと、そうなりますよね。

都会からの出戻りで、このマチで生きてる人、すごいなって思います。