だいたいわかりましたよ。

カテゴリ: 日常の日記

3月26日、晴れ。

「カルテット」終わってしまって・・・。
あまりパッとしない終わり方でしたけど
「人生、白黒付かなくても良いんですよ」と
そんな風な意味合いのドラマだったんでしょうかね?

グレー。

グレーと言えば、リサイクルショップで
3300円の中華タブレットを見つけたので買ってみました。
しかし、「youtube」が見れず、ただのネット閲覧・・・
そのネット閲覧すら、途中でwifiが途切れる様な
グレーな機種だったので、返品してもらいました。

たとえ3300円でも、返品出来て良かったです。

ネットしたい時は、膝の上にパソコンを乗せて
ちょっと見れば十分ですね。
SNSもしないですし、本当に調べものだけですもんね。
「youtube」も見なくなりましたね・・・。

ブログのアップも・・・しなくなりました。

2月28日、晴れ。

パチンコ、最終日です。
飽きました、面白くないです。
借金が無いので、最後に大きく
4円パチンコをやって来てみようと思います。

始めて1年半、パチンコ業界が衰退している様子が
ものすごく感じられるなぁ、と思いました。
たった1年半でそれを感じてしまうなんて、終わった業界ですね。
面白さを分からせてくれないんですからね。

この1年半でちょっとだけ詳しくなったので分かるのですが
1/399のマックス機と呼ばれる、大当たりの機種が
規制により製造されなくなった事が大きいらしいですね。
これからの問題だと、換金出来なくなると言うのもあるらしいです。

何事も衰退するのって、面白いですね。ざまぁ見ろ、ですよ。

さて、昨晩は父親が「睡眠薬をくれ!」と騒いで
それに触発されて、自分の鬱障害が少し復活。
言うことを聞かない父親に、イライラして
大声を上げてしまいました。

認知症の人は、意味もなく薬を欲しがるそうですね。
その症状なのかは定かでは無いですが
かなりしつこく「いいから、睡眠薬だせ!!」と
珍しく声を荒げていました。

結局、その前に2錠半も飲んでいたので
本人の意思とは逆に、ぐっすり寝ているようでした。
睡眠薬を飲み過ぎると、粗相をしたり
ふらふらとおかしくなったりするので、やめさせたいんですけどね。

「死んでもいいから、薬よこせ!!」って言いましたからね。
「いっぱい飲んで死ね!!」って言いましたよ。
まったく・・・夜中に起こされて、気分が悪い。
しばらく寝付けませんでしたよ。

今日は、「カルテット」ですね、楽しみです。

2月18日、晴れ。

ここ最近、ドラマも見れるようになって
前クールはあの「逃げるは恥だが役に立つ」をすべて見ました。
それまでしばらく、ドラマを見る余裕も無かったのに
逃げ恥が面白くて、復活しました。

今クールは、「カルテット」を見ています。
4人のキャストのバランスが良いですよね。
ラブサスペンスという事ですが
ラブラブしてなくて、さっぱりしててすごく楽しいです。

エンディングの「おとなの掟」の映像も好きです。

なかなか面白そうなドラマに巡り逢わないですが
立て続けに2本も、それも脚本家も何も関係なく
見れているのがうれしいですね。

2月17日、曇り。

本当に久々のアップ。
いろいろ好き勝手書いてきたその後は
どうなったかと言いますと・・・

今現在、父親の認知症は薬のおかげなのか
「少しおかしい」ままで、特に大きな問題はありません。
週に1〜2回発作というか、てんかんのような症状があります。
意識が無いまま、うろうろと歩き回ったり、粗相をしたり。

騒いだり、家を出ていったり、と言うのはまだありません。

そして自分自身はと言うと・・・
15年の8月、鬱が少し落ち着いた頃に
母親と父親に連れられて初めて行ったパチンコが
今はとても楽しくて。

パチンコのおかげ(では無いと思いますが)なのか
鬱の症状が全く無くなりました。
パチンコ、良くないと分かっていますが
ありがたいことに、収支0なので今でもやってます。

父親も元々パチンコ大好きな人なので
認知症でも、パチンコに行くととても楽しそうにしてるので
一緒に行ってあげる事で、より喜んでいるように思います。

でもそろそろ、仕事しないとな〜と言うところです。

今までの考え方とは変わってしまったけど
それしか出来ないので、その中でどうするか。
いろいろ考えてやってみようかな、と思ってます。

良い意味で、いろんな事どうでも良くなりました。
なので怒らなくなったし、悲しくもなくなりました。
人と比べることも、比べて人の悪口も言わなくなりました。
面白くないし、面白いです。

果たして、それが良いのかどうかは分かりませんけどね。

それの延長で、パソコンも全然開いていませんでした。
だって、欲しい情報も無いですからね。
いざ開いても、何を調べたら良いのか・・・?
パソコンが家にある意味がありません。

・・・まぁ、こうやって文章で書いてるほど、重い事でもありません。

なんか今、ものすごく幸せですよ。
これでお金儲けが出来れば言うことありません。
生活出来れば何も文句ありません。
仕事が少しでも軌道に乗ってくれれば。

それが一番難しいですけどね。

4月22日、晴れ。

少し前に、新しいうつの薬を処方されて
ちゃんと寝れるようになって、調子も良くなってきました。

でも、一度うつ状態を経験したらこうなるのか分からないですが
やっぱり、何をしていても自分が自分じゃない様な感覚があって
動いていても、買い物をしても、自分がそれを
本当にやりたくてやっている行動なのか?と言う感覚です。

恐らく、心と体が離れた状態なんでしょうね。

とあるHPに書いてあったんですけど
うつを克服すると、治って過去の自分に戻るのではなくて
新しい別の人格となるらしいのです。
そう言われてみると、なんだか前の考え方と変わってきてる気がします。

あんなに周りの事に敏感だったのに、どうでも良くなったと言うか。
あんなに「(世の中の)ババァ、死ね」とか言ってたのに、言わなくなったと言うか。
それと同時に、面白いと言う感覚が薄いので
なんか、何をやってもつまらないと言う感じで。

この症状が、うつなんですかね?

世の中のニュースが、周りの人間どもが、ものすごくくだらない。
なにがそんなに面白いんだろうか?
不思議で不思議でたまらないんですよね。
みんな、馬鹿に見えます。

でも、その馬鹿に付き合って合わせれば、上手く行くんだと思います。

4月3日、雨のち晴れ。

軽く、うつ状態になりました。
ここ数日で少し回復しましたが
何も楽しくありません。

仕事したいけど出来ないし
かと言って
遊びまわる訳でもない。

そもそも、何が楽しいのか分からなくなってるので
遊びまわるなんて、何をしたら良いのか分かりません。
とにかく、早く仕事に復帰したいんですが
体が重くて脳について行きません。

なんて表現したら良いのか分からないんですが
自分がもう一人居るような、自分が自分じゃないみたいな、そんな感覚です。
まるで二重人格のようで、一人は仕事したい、一人は動けない。
座っていると、フッと魂が抜けたみたいになります。

やっと最近パソコンが出来るようになりました。
テレビも、なんとなく見る感じで、内容は入ってきません。
そもそも何も楽しくないので、世の中の事なんて
どうでも良い、全く興味の無い事です。

抗うつ剤はやめました。
今は、抗不安剤で過ごしてますが
時々、ワケも無く泣きそうになります。
コレは、なった人にしか感覚が分からないかも知れないです。

あまりヒドければ、また抗うつ剤を処方してもらうように
心療内科の先生には言ってあるので安心ですが。

先日、母親とフラりと街へ出ました。
一ヶ月以上振りで、ものすごく疲れましたが
生地を仕入れてきました。
仕入れてきましたが、体が動かないので作れません。

とりあえず、作りたい洋服のリストだけは作りました。
でも、焦らないで、休みながら、出来る時にだけやります。

とにかく、疲れます。

2がつ28日、くもり時々晴れ。

前回の「子どもの栄養」の添削が帰ってきました。
75点でした。
またまた良い点でした・・・が
ここでお知らせがあります。

保育士の勉強を辞めることにしました。

理由は色々ありますが
父親の介護の件が一番の理由でしょうか。
毎日不安で、モヤモヤしながらの保育の勉強は
ものすごく苦痛で、ストレスを感じてました。

それと、保育士に転職する気も無いのに
ストレス抱えて、とりあえず免許だけ取っても
意味が無いな、と思ったのも理由です。

昨日ネットで書いてありました。
「子どもが一番育つ大事な時期に
やる気の無い先生が居たんじゃ
親としてはそんな先生に預けたくない」と。

まさにそれになるところでした。

毎回点数が良かったので
ダラダラと続けてしまったんだと思います。
でも、その点数も振り返ってみれば
毎度毎度、嬉しくなかったなぁ・・・と、正直思ってます。

と言う事で、また本職の服屋に戻ります。
そして、父親の介護もやります。
この2つでもう手一杯です。
これ以上は抱え切れません。

せっかく買ったピアノは・・・趣味で時々弾こうと思います。

2月17日、晴れ。

明日、千歳に行ってきます。
水曜日なので、午前中から夕方まで父親が居ないので
母親が病院に行くのに、一緒について行って
ランチでもして来ようと思います。

ガストで。

ガストすら無いですからね、ココ・・・
安物でもたまには食べたいじゃないですか。
ドリンクバーも付いて500円以下なんて。

昨日日記書いてて思ったんですけど
地元民って、いわゆる「いいフリこき」なんじゃないかと
色々考えた末に思ったわけです。

「素敵なお店見つけたのぉー」とか言って
そこに行くのは、ママ共とか友人と一緒の時だけで
普段一人の時は、その辺の安物を着て、安物を食べる。
どーせ、家であぐらかいて、ケツでも掻いてるんでしょう。

そんなのがウヨウヨ居るんだと思うので、気持ち悪いです。
腐った臭い40代、とっくにバブルは終わった、早く死・・・(ry
恐らく、歴代の40代の中で、今の団塊ジュニアの40代が
今までで一番最悪なヤツらでは無いかと思ってます、特に41・2・3辺り。

・・・あ、そんな事話すために書き始めた訳ではなくて。

明日、千歳に行ったら、GEOとBOOKOFFにも行きます。
最近また、クソゲー探しにハマっていまして。
DSとかGBAソフトで、108円とか250円とかで売ってる
とんでもなくつまらないヤツです。

クソゲーって、何だか魅力ありますよね。

中にはリアルにクソゲーってるのもありますけど
微妙に遊べるクソゲーを安くてに入れた時の気分の良さ。
ソフトも小さい(特にDS)ので、沢山になっても
かさばらないと言う便利さ。

クソゲー漁り楽しみです、これしか最近楽しみありません。

2月9日、くもり。

前回のテスト、「子どもの心理学」帰ってきました。
父親が急遽退院して来て、勉強もままならない情況で
それでも一応目を通して、点数悪くても辞めるよりは良い
と思ってテストを提出したら

70点でした。

合格ラインです、2問間違えばギリギリですが(1問5点なので)
それでも、あのめちゃくちゃな状態の中の勉強で
よく70点取れたものだ、と自分でも思いました。
大体の雰囲気を掴めて来たんでしょうかね?

添削にも「どんどん点数が上がってきていますね」と書かれていました。

父親の介護の事を考えると、全くやる気が起きなかった先月でしたが
こう点数が良いと、少しはやる気と言うか「続けてみようかな」と
思えるので、出来るところまでやってみようと思いました。

介護の方ですが、退院して1ヶ月半・・・やっと介護認定が下りて
「要介護2」と言う事で、週に3回くらいはデイサービスを
受けられる事になって、とりあえず、月・水・金の3日。
月・金は午後の3時間、水曜日は9時〜16時の7時間。

少しでも「見ていなきゃいけない時間」が無い事で
食品などの買い物や、自分達の息抜きにもなります。
水曜日はほぼ1日居ないので、街に出たりランチに行くことも出来ます。
まぁ、何も無い街ですが・・・。

とりあえず、勉強と介護、今のところ大丈夫です。

本業は・・・もう無理ですね。
一応、チラシにクーポン券を付けてばら撒いてはみてますが
季節的にも、今のところ効果はありません。
保育士の免許さえ取れれば、いづれ東京に行きたいと思ってるので
それまでの辛抱といったところでしょうか。

どっちにしても、この地では田舎過ぎて商売は出来ません。

1月26日、晴れ。

今日は、地域包括支援センターの方と
ケアマネージャーさんが来て
本格的に通所する施設の手続きが
やっとの思いで行われました。

退院してから1ヶ月ちょっと。

この1ヶ月、どこにも出かけていません。
ストレスが溜まりまくっています。
でも、元々そんなに欲の無い性格なので、開放されたとしても
今までの様に母親とランチに行きたいとか
スーパー銭湯でゆっくりしたいとか、せいぜいそんなもんです。

そんな、ちょっとした事が全く出来なくなっている、今です。

毎日、ただただ勉強。
薬飲んで、なんの楽しみも無く。
なので、施設に行ってもらえたら時間が出来るので
時間が出来たら、また母親とランチにでも行きたいです。

そうですね・・・ちょっとオシャレして、ミスドとか。

オシャレすらしてません。
第一、出かけられないんですから。
認知症(高次脳機能障害)が居る限り
目を離せられないですからね。

何をするか分からないから、一日中付き添う形です。

これで少しは開放されるのか・・・と思いきや
なんと、週一回の予定だと言うじゃありませんか。
週一回、9時から16時まで居ないだけ。
せっかく、「要介護2」を認定されたのに。

母親には「ちゃんと言わないと損するよ」と言って置いたので
今日「週一回」と聞いて、2人で詰め寄りました。
「回数増やしたり、他の施設も平行して利用できないんですか?」と。
どうやら利用できるそうです。

そして、希望している施設も週二回通えるようにしてくれるとの事。
それをベースに、他のリハビリ施設の午後の部に
行ってもらう様に手配してもらう事になる?と思います。
要介護2なんですから、利用できるギリギリのラインまで利用しなければ。

こっちの身が持ちません。

昨日ネットで、「認知症 憂鬱」と検索したら
「火曜日の憂鬱」と言うタイトルのブログを見つけました。
同じ境遇の人が居ると思ってクリックして見てみると・・・

「火曜日以外は施設に通わせているので
火曜日は、(認知症の)母親と一日中ベッタリで憂鬱」
との内容で・・・正直イラッとしました、なんて贅沢な。
認知症とベッタリが週一回だけなんて、うらやましい限りですよ。

しかも母親ですよ、母親。

かと思えば、仕事をしながら認知症(要介護1)の
母親の面倒を見ていると言う、男性のブログを発見。
内容は、サラッと書いていて、なるべく明るくしようとしてる感じが
良く分かる書き方をしていましたが、実際かなり大変だと思います。

こんなにも、人によって差が開くもんなんですよね。

でも、自分ももしかしたら、少しずつ家に居ることが減ってきたら
最初に挙げた人の様に、週に一回丸一日居るだけで
「憂鬱」なんて言う様になっちゃうのかな?とも思います。
だんだん「居ない」事に慣れてくると、そうなるかも知れないですよね。

でも、週一日だけベッタリなんて、今はうらやましいですよ。

第一、正直言わせてもらうと。
33歳でまさか、認知症の親の面倒を見る羽目になるとは
思っても居なかったし、周りを見れば33歳くらいなら
仕事ももちろんだけど、遊びも堪能してる人がいっぱい居るじゃないですか?

姉の年齢(42)で見れば、40代で親の面倒というなら分かるんですけど
33歳で親の面倒は、ちょっと早すぎると思います。
もうちょっと(仕事の面も含めて)遊ばせて欲しかったな、と。

保育の教科書の中にも書いてありました。
成人前期は、仕事や結婚などを決める歳。
成人後期は、親の介護などに直面する歳。
33歳は、まだまだ「成人前期」の部類な訳です。

人生の節目、節目で、いちいち邪魔をして来る父親。
今回、保育の勉強を始めた時、もしかしてまた邪魔されるのでは?
と、実は思っていましたが、やっぱり邪魔されました。
次なる邪魔は、保育士試験の時と転職の時。

それが最後の邪魔(死)であれば、逆にありがたいですが。

このページのトップヘ